FC2ブログ

亡くなった人が持っていた権利書はどうなるの?(相続登記シリーズ①)

最近受けた質問をご紹介します。

「父が昨年亡くなり、無事に相続登記が終わり、私名義の権利書(※)ができましたが、父名義の権利書はどうなるのですか?」 このような質問は相続登記を依頼されるとしばしば聞かれます。

結論から言うと、お父様が亡くなった時点で権利書の効力はなくなっています。
お父様が亡くなった時点で相続人へ財産が承継されているからです(民法896条)。

人生において、1.2度しか経験することのない相続登記について、これから数回にわたって、
できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。(姥 圭太郎)


※一般的に権利書と言われますが、現行の不動産登記法により発行されるのは、登記識別情報といいます。
 不動産登記法の改正前は登記済証と言われていました。

※民法896条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。
以下省略
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
みなとこうべ司法書士事務所は三宮駅から徒歩5分、便利な立地に事務所を構え、多くの方々の笑顔を取り戻してきました。
アットホームで元気に満ちあふれた司法書士が様々なお悩みを解決させて頂きます!まずはお気軽にご相談下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定