FC2ブログ

まずは診断書の準備を(後見開始申立手続きにおける診断書の重要性)(成年後見シリーズ②)

「後見開始申立書の作成を依頼したい。ついては相談に伺いたいのですがなにか準備しておくものはありますか?」とのご質問をいただくことがあります。申立てをおこなうにあたってまず必要になるのは「診断書」です。
ですから、事前に診断書を準備していただければ、具体的な手続きの方向性や内容のご説明をさせていただくことができます。

診断書を作成していただく医師は、かかりつけの医師(内科医など)で結構です。精神科医である必要はありません。診断書は、神戸家庭裁判所提出用の所定の診断書様式がありますので必ずこちらの診断書様式に記入してもらってください(以下をダウンロードしてください)。この診断書は神戸家庭裁判所管内(兵庫県内)統一書式ですので、ご本人が兵庫県内にお住まいなら使用可能です。病院で診断書の発行してもらうのに、一般に5000円程度かかるようですので、くれぐれもお間違いなく。

診断書の「判断能力判定についての意見」に医師がいずれかのチェックをつけることになります。基本的には、このチェックに沿って申立てをおこなうことになります。後見開始相当にチェックがつけば、「後見開始申立て」を「保佐開始相当」にチェックがつけば「保佐開始申立て」をおこなうわけです。後見開始相当なら、ご本人の判断能力は相当低いことになりますのでご本人を申立人とするのは難しいかもしれません。そうすると誰か別の親族を申立人として探さなければなりません。保佐開始相当や補助開始相当であればご本人の(後見制度利用への)納得はあるか、代理権はどのようなものが必要かなどの検討をおこなわなければなりません。このように診断書をとってみないと、相談でも一般的な手続の説明にとどまらざるを得ず、具体的検討にまで入れないわけです。

診断書は、現在の申立手続の運用では極めて重要な位置づけを占めています。前回の「成年後見シリーズ①」でも書きましたが、本来、「診断書」と「鑑定」の2つの手続きでご本人の判断能力を調べるのですが、現在の実務運用においては、鑑定手続きが入ることはあまりありません。
つまり、診断書の「判断能力判定についての意見」の結果が大きく覆ること(たとえば診断書が「後見相当」であったのに審判は「保佐」となるなど)はあまりありません。

後見制度は、第三者が財産管理をおこなうことによりご本人の権限を大きく制限するものですから、私は(簡易な様式である)診断書のみで安易に判断能力を判定してしまうことには反対です。鑑定をもっと利用するか、診断書をより鑑定的要素を含んだ詳しい内容に変更するかして、しっかりとした判断能力の判定をすべきだと考えています。
しかし、鑑定にかかる費用(5万円~10万円程度)や時間を考慮すると、申立人の立場としては、鑑定はやはり避けたいものだろうと思います。

診断書には、知能検査欄などありますが漏れなく記載してもらうようにしてください。漏れがあると、再提出を求められたり鑑定が入る可能性があります。また、「鑑定についてのおたずね」についても記入をお願いし、可能な限り、家庭裁判所から精神鑑定を依頼された場合には鑑定を引き受けていただくよう頼んでみてください。「鑑定」という響きから引き受けることに躊躇される医師も多いですが、成年後見の鑑定はマニュアルも整備されています。もちろん精神科以外の専門(内科医など)でも問題ありません。もし、引き受けられない場合は、(鑑定が必要と判断された場合)家庭裁判所が担当する鑑定医を探すことになり、審判が出るまでにかなりの時間を要することになります。また、診断書作成の医師と鑑定医が異なるということは、判定結果が異なる可能性も大きいといえます。たとえば、診断書は「後見開始相当」だったために後見申立てをおこなったが、鑑定の結果「保佐相当」となり、代理権の検討などに悩むことになるかもしれません。(澤井靖人)

■医師に診断書等作成を依頼するのに必要な書類
 1.【診断書(成年後見用)の作成を依頼された医師の方へ】
 2.【診断書】
 3.【鑑定についてのおたずね】

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
みなとこうべ司法書士事務所は三宮駅から徒歩5分、便利な立地に事務所を構え多くの方々の笑顔を取り戻してきました。
アットホームで元気に満ちあふれた司法書士が様々なお悩みを解決させて頂きます!まずはお気軽にご相談下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定