FC2ブログ

「神戸市成年後見支援センター職員向け研修」・「兵庫県社会福祉士会ぱあとなあ兵庫 神戸エリア研修会」の講師を担当してきました。

9月25日(水)は、神戸市成年後見支援センターの職員向け研修で「後見監督人の実務」を、9月28日(土)は兵庫県社会福祉士会ぱあとなあ兵庫の神戸エリア研修会で「成年被後見人等の債務への対応」を、それぞれ講師として講義してきました。

成年後見の選任・活動の輪が拡がるとともに、「成年後見制度の概要」といった総論的なテーマだけでなく、今回のような各論的なテーマへの講義依頼が増えているように思います。

神戸市では、神戸市成年後見支援センターで養成研修を受けて登録された市民後見人候補者が家庭裁判所に推薦されることで、後見人に選任されています。併せて成年後見支援センターが後見監督人(または複数後見人)に選任されることにより、市民後見人の活動を支援・監督しています。市民後見人の活動も実績を上げ、選任数も着実に増えてきているようです。監督・支援する成年後見支援センター職員のみなさんは今後ますます大変になると思われますが、市民後見人への信頼が高まることでさらに根付いていけばよいですね。

後見監督人の実務については、この分野について体系的に書かれた専門書籍が少ないこと、また法律が求める監督人と家庭裁判所が求める監督人の役割に違いがあること等、準備に少し手間がかかりましたが、あらためて条文を読み返し、資料を整理することにより自分自身も理解を整理することができ、あらためてよい勉強になりました。

債務整理の研修では、前回の「居住用不動産の処分」研修の際はかなり細かい説明をおこないましたが、今回はあまり細かな説明になりすぎないよう注意しながら制度の概要や対応にあたっての実務的な流れ等を説明しました。後見人だからといってなんでも自身で解決してしまおうとせず、司法書士・弁護士等の専門家にアクセスすることも後見人の重要な資質であることを強調しましたが、少し説教くさかったかもしれません。
さすがに1週間に2回も講師をやると、講義の準備に追われることもあり、終わるとクタクタになりますね。
(澤井靖人)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
みなとこうべ司法書士事務所は三宮駅から徒歩5分、便利な立地に事務所を構え多くの方々の笑顔を取り戻してきました。
アットホームで元気に満ちあふれた司法書士が様々なお悩みを解決させて頂きます!まずはお気軽にご相談下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定